弁護の秩序

弁護の秩序

起業家が心得ておきたい弁護士選びの基準

起業して自分の会社を成長させていく上で、必要となってくる法律にからんだ業務について、親身になってくれる良い弁護士を選ぶためには、どんな所を重要視すれば良いでしょうか。そのためには、闇雲にいきなり探し始める前に、自分の会社にとってどんなサポートを期待するのかをしっかり考えておく事が必要です。法律知識があるのは当然として、会社の業務内容や規模、提携先との関係、将来に向けてのビジョンなどによって扱う法律に違いがあるでしょうから、弁護士の選考基準にも影響が出てくる事が予想されます。例えば、日本国内だけでなく海外進出も視野に入れている会社なのであれば、語学を始め、海外企業の情報や風土・文化などにも精通している方を見つける事が出来れば頼れる存在となるでしょう。他には将来上場を目指すことを想定しているのであれば、上場にまつわる法的手続きなどの業務に長けている人を探す事になるでしょう。また、弁護士とて人間です。いくら有能であっても自分の会社についてはもちろん、対外的にも話しやすい人柄であるかは、ある意味職務能力より重要といえるかもしれません。

起業している弁護士の最大の目的

起業している弁護士の仕事の最大の目的は、基本的人権の擁護です。人権を侵害されている人、たとえば公害や薬害の被害者は。組織や大企業によって健康に生きるという基本的人権を侵害されているわけですから、このような人々の側にたって、人権を守るということです。特に貧しいお年寄り、障害者など、大きな組織相手に戦うことが困難な社会的な弱者を、法律に基づいて守ることが弁護士の大きな使命です。また、殺人や盗みなどの、罪を犯したとされる側の人間(被疑者)を守ることも、基本的人権の擁護につながります。なぜなら被疑者は国家権力によって自由を奪われ、拘置所に勾留されている、いわば人権を制限された社会的弱者だからです。また現在の法律では、個人の犯罪をただすことはできても、役所や官僚などの国家権力による不正をただすのは非常に難しくなっています。情報が公開されていないし、証拠を揃えることができないからです。これからの弁護士は、役所や大企業の不正行為を、すぐに摘発できる方法や道を作っていくことが大切な仕事になるでしょう。

『弁護士 起業』 最新ツイート

@mwDGa3PP00M7kTb

【Skill Upセミナー】弁護士から学ぶ!起業・独立する前にこれだけは知っておきたい法律の話 主催:Startup Hub Tokyo TAMA https://t.co/XmpBcBvmsu

34分前 - 2020年11月24日


@u2ytrzw5ij7n

#ビジネスマン #会社員 #サラリーマン #フリーランス #自粛 #自営業 #単身赴任 #イクメン #オンラインサロン #在宅勤務 #起業 #株 #投資 #サステナブル #リモート #イノベーション #ノマド 「実子誘拐ビジネ… https://t.co/kQabmncJOe

52分前 - 2020年11月24日


@karuizawatimes

「桜」告発の弁護士「主張が真実だという裏付け」 https://t.co/X0amO9VYv4 #貿易 #起業 #自動車

1時間前 - 2020年11月24日


check



最終更新日:2020/3/5

▲ページトップ

Copyright (C)2015 弁護の秩序.All Right Reserved.